同じ老眼鏡を何度も買い直す。分解して部品も使い回す

公開日: 


さて、ブログに何か書こうかなw・・・と思って、愛用の老眼鏡を掛け直したときに、響き渡るは「パキッ」という鈍い音。

そうですか。
もうそんな時期ですか。

言っておきますが、この「エビス リバイスグラス」という商品。
決して弱いわけではありません。

透明で視界が広く、32gという超軽量。もちろん高品質日本製!
出かけるときはそのままポケットに突っ込んで、いい加減な使い方をしている私が悪いんです。

それでも1年に1本くらいは壊れます。
そのたびにAmazonで、2~3本まとめ買い。
5年以上は確実にそんな生活を続けています。
ひょっとしたら、10年近いかもw

若いころからメガネをかけていた方は別として、老眼鏡だけの方は、メガネ屋さんでちゃんと作る方と、100均使い捨て派の方と、二分されるような気がします。
私のような中途半端は珍しいのかもしれませんね。

いいんです。
気に入って使っているんですからw

「つる」の予備がないのなら。分解して「つる」だけ取っておく

実はこの「エビス リバイスグラス」、左右の「つる」が同じ形状です。
ですから「つる」だけ取っておけば、次に破損したときには右でも左でも使えるという優れもの(←というほどでもないですが^^;)。

ちなみに「つる」の本名?は、「テンプル」というらしい。
漢字で書くと「蔓」ですか。
どちらもなじめないから「つる」でいいですw

残念ながら今回は、この「つる」の予備がない。
予備さえあれば、付けるだけで復活するのに。
仕方がないので早速分解して、次回のために「つる」だけ取っておきましょう。

リバイスグラス分解 破損部分拡大

右が破損した方。撮影したからさっさと捨てます。
左側が分解というか、外した方です。

外し方は、少しヒネリを加えながら軽く力を入れます。
軽くですよ、軽く!
ちょっと力を入れると確実に折れます。
私も昔は何回か失敗しましたが、今ではすっかり上手になりました^^;
試される方は、自己責任でお願いします。
外せなければ捨てるだけですから、いいですよねw

取り付けるのもまた、コツがいります。
外すときの逆で、少しヒネリを加えながら軽く力を入れて・・・って、だれもやらないかな?

多少貧乏くさいのは勘弁してくださいねw
まだまだいっぱいあるから、きっとまた使うんですよ。

リバイスグラスたち

よく見ると「+1.5」の在庫が残り1個。Amazonで注文しましたw

まだまだ在庫はいっぱいあるはず・・・と思って見てみると、愛用している「+1.5」があと1個しかないじゃないですか。
老眼の進み具合からすると多分「+2.0」の方が合っているはずですが、掛けたら掛けっぱなしの私としては、少しゆるい方が楽なのです。

ということで早速Amazonで注文すると、明日(5/4)の配達です。

すごいなAmazon。
ゴールデンウィークなんて関係なしですね。


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。