預金通帳は紙に限る。携帯電話の請求書だってお金を払って紙でもらう

公開日: 

少し前から、銀行の「デジタル通帳」や「インターネット通帳」が当たり前になりました。私だって、ネット銀行の口座くらい持っていますから使っています。

でも、ネット銀行はあくまでもサブ。メインバンクは普通(←?)の銀行です。もちろん、「紙」の通帳です!

そういえば数年前、三井住友銀行に口座を作った時に、「紙の通帳を発行しますか?」みたいな質問項目がありました。

「紙の通帳? いるに決まっているでしょう! そもそも「いらない」なんて言う人はいないでしょ!?」などと心の中で叫んだ覚えがあります。

・・・いました。

いや、実は意外と多いのかもしれません。私が勤める会社のITに弱いおじさん、パソコン操作に困るとすぐに私に聞いてくる方が、

「紙の通帳なんて持ってないよ。スマホで全部済んじゃうからねw」って、本当に大丈夫ですか~?

今や紙の通帳を発行しないのが「原則」なんですか!?

調べてみて、おどろきました。

私の古くからのメインバンクである三菱UFJ銀行でも、今年(2019年)の6月10日から新しく口座を開設するときには、原則として紙の通帳を発行しないそうです。代わりにスマホなどで閲覧する「Eco通帳」を推奨してくれます。この「Eco通帳」は紙の通帳と併用はできないのです。紙の通帳・・・持てないんです使えないんです!

もう、そんな時代になっているのですか!

既に口座を開設済みで、紙の通帳を持っている私のような人はそのまま使えるけど、通帳を紛失したら「Eco通帳」への切り替えを案内してくれるそうです。

いりません! 紙の通帳をください!

もちろんスマホを持っていない方もいるので、希望者には紙の通帳を発行してくれます。スマホくらい持っていますが、死ぬまで「紙の通帳」を希望します!

さわれる安心。託せる心強さ

なんで紙の通帳にこだわるのか、考えてみました。

お金を預けて、代わりに通帳を手にする安心感が一番ですかね。そして開けば、金額が数字として刻印されています。「表示」されているわけではありませんから、勝手に変わりません。

万が一の時には、だれかに通帳を持ったせて代わりを頼めるかも・・・これは本人確認が厳しくなっているから難しいかな?

銀行などのシステムを信用しないと何もできませんが、手元のスマホやPCは信用していません。

ある日突然、電源が入らなくなることもあります。
ネットにつながらないことなら、たまにあります。
パスワードを忘れて・・・は、今のところ大丈夫w

やっぱり私は、紙の通帳が好きだな。

ペーパーレスにキャッシュレス。世間の流れに乗れなくて

私はITは、決して苦手ではありません。いや、どちらかというと得意です。

こうやってブログを書いています。PHP も HTML も少しくらいなら分かります。エクセルだってワードだってそれなりに使えます。PCやスマホが動かなくなったら、工具を手に裏ブタを開けて・・・って、これはちょっと違いますね^^;

そんな私ですが、

携帯電話の利用明細は、「発行手数料」を払って紙でもらいます。
ハガキ版の「ねんきん定期便」、郵送停止の登録なんてしません。
クレジットカードだけで外出なんてできません。現金が便利です。

時代の流れに乗っているのかと問われれば、非常に怪しいものです。
令和の時代を生きられるのかと聞かれたら、自信なんてありません。

でもいいです。私は・・このままでいいかなw


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。