未払金は事業主に貸しておけば数字が合う?会計ってむずかしい!

公開日: 

新年ですね。

自称個人事業主(兼サラリーマン)の新年度です!

さっそく決算整理や繰越処理をしなくては、って言いながら楽しんでいますw
確定申告なんてする必要はありませんから、趣味みたいなものですね。
いつか訪れる青色申告の予行演習です(あくまで「いつか」です^^;)。

エクセルで自作した仕訳帳にポチポチと入力すれば、貸借対照表と損益計算書のできあがりです。

昨年の売上は、3万円ほど(←少なっ!)。
仕訳帳は38行で終了、1ページで1年間すべての取引きが完結しました^^;

いかにも「ごっこ」ですねw

会計むずかしい・・・未払金はどう記帳すればいいの?

前年度、平成30年度の決算は完璧です。

経費倒れの大赤字ではありますが、1円単位までピッタリ。
預金残高も、もちろんピッタリ。
自分で自分をほめてあげたいくらいですw

ちゃんとした事業なら、頭の痛くなるような決算整理も簡単です。

  • 棚卸し?・・・仕入れはしないから在庫もありません
  • 減価償却?・・固定資産なんか、もちろんありません

ちなみに減価償却が必要な備品を買う予定は、たぶん一生ありません。
10万円未満なら、「固定資産」じゃなくって「消耗品」です。
パソコンだって家具だって、10万円も出したことはありませんw

売掛金だってありません(←ここは悲しむところですが・・・)。

ということで今年度に繰り越すのは、預金と元入金と、クレジットカードの「未払金3,780円」だけです。

未払金の記帳の謎・・・は、まあいいかw

預金と元入金の繰り越しは簡単です。

  • 1/1(前期繰越)借方 普通預金 = 貸方 元入金

金額も、損益計算書通りでピッタリ。
これは気持ちいい!

元入金も、もちろんルール通りです。

  • 元入金 = 先期の元入金 + 所得 + 事業主借 − 事業主貸

個人事業主の決算の基本とも言われる、この計算式にもピッタリ!

後は、「未払金3,780円」だけです!

未払金は「事業主貸」にしておけば辻褄が合うかな?

この未払金の仕分けで、大きくつまづきました。
一生懸命調べても、解決策が見つかりません。

  • 「会計ソフトが勝手に計算してくれます」・・・エクセルです!
  • 「特に何もする必要ありません」・・・何かしたいんです!
  • 「補助簿で分かるから大丈夫」・・・補助簿なんてありません!

ちゃんと仕訳帳に記載して、引き落としがあったら未入金が消えて欲しいんです。
仕訳帳に記載するなら、相手方科目が必要なんです!

ここからは、何も知らない素人の勝手処理ですw
とりあえずの辻褄合わせですので、真似しないように願います。

  • 1/1(前期繰越)借方 事業主貸 3,780 | 貸方 未払金 3,780

こうしておけば、とりあえず何とか計算は合うようです。
引き落とされた後の預金残高もピッタリ。
未払金も支払うたびに、ちゃんと減っていきます。

でも、未払金って払わなきゃいけないけれど、まだ払っていないお金です。
事業主(私です)個人には、何の関わりもありません。
それが「事業主貸」とはどういうことですか?・・・と言いたいところですがここはガマンしましょう。

会計って、やっぱりむずかしい・・・

エクセルシートだけで、すべてを済ますのは無理があるのでしょうか。
新年早々、めげそうです。

でも、しばらくはこのままがんばってみますよw

興味がある方は、こちらもどうぞ。
社会保険労務士その他登録のブログへのリンクですw)


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。