宅建試験が本当にベストなのか? 他の資格じゃダメなのか

公開日:   最終更新日:2018/08/26

とりあえず何か資格でも。
となれば大人気の宅建士!

な~んて、安易な気持ちで「宅建士」を選んだ(選びつつある)私です。

試験勉強をするには、それなりの時間と力がいりますね。
「宅建士」以外にも、資格なんて沢山あります。

それなのに、それなのに。
なぜ「宅建士」を選ぶのでしょうか。大丈夫なのでしょうか?

大丈夫です!
中学生の時に、電信級アマチュア無線技士(今は名前が変わっています)を取得してから、すでに40年。
最初に難関国家資格と言われる「弁理士」試験を受けてからでも、すでに30年以上が経っています。

資格検討マニアと呼ばれる私が保証します。
(実際に資格を取ってはいないので、「資格マニア」ではありません。)

宅建士。他の国家試験と比較してみましょう

などと言いながら、研究している最中にもっといい資格があれば乗り換えるかも。

比較すべき資格と言えば、いくらでもありますね。

  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 個人情報保護士
  • 知的財産管理技能士
  • 潜水士
  • ボイラー技士

さあて、どれからいきましょうか。


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。