事業ごっこ(5)総務の視点で備品調達。個人事業なら倹約しなくちゃ

公開日:   最終更新日:2018/08/26

個人事業(ごっこ)は当たり前ですがひとりで行います。それなら「総務の視点」なんていらないでしょう、と思われた方は意思の強い方です。
私は基本的にはいいかげんでだらしなくて、しかも困ったことに形から入るタイプなので、ついつい軽い気持ちで備品などを購入してしまいそうになります。
でも、それではダメなのです。

どんなに稼いでも、1円も残らないかもしれません。
実際あんまり稼げないから、残るわけがありません。

そんなことにならないために、
経営者目線で「事業計画」を立てて、
経理の立場で「冷静に収支を記録」、
営業や現場が「そろそろ新しいパソコン買おうよ~!」と言ってくるのを、
それとは違う「総務の視点」で見て、考えて、冷静に判断しなければなりません。

だいたい現場というものは(私みたいな軟弱なやつは、とも言います)、少しでも収入があろうものなら、「よし、お祝いだ!」とか、「このお金を元に、新しいパソコン買いたいな!」などとすぐ思っちゃいます。
儲からなかったら儲からなかったで、「道具が悪いんじゃないのか」とか「あのツールさえ購入すれば、この現状が打破できるかも?」なーんて考えて、結局は経費倒れ間違いなしです。

こんな時こそ、現場を回す私の中のもうひとりの私、「総務部門」の出番です。

無駄な経費は極力抑え、「枯れた技術」を長く使おう!

話は変わりますが、今現在、日本の企業ではまだ、Windows 7 が主流です。
Windows 8 も 8.1 も無視されて、10 への移行も進んでいません。
これは、別にケチっているだけの話ではありません。
Windows 7 が安定しているうえに、ノウハウが蓄積されている「枯れた技術」だからです。

そもそも個人事業なら自分しか使わないわけだし、自分が使えれば何でもいい。
それなら、今あるもので十分なはずです。

これが趣味であれば、新しい機材やソフトなんかをどんどん導入するのもいいですけど、事業(ごっこ)をしているんですよ!
経費ですよ!
その分、利益が減るのですよ!

それに、新しい備品を検討する時間や購入したものを使いこなすためにかかる時間は、いったいどうするつもりなんですか!
そんな時間があるなら、ちゃんと事業(ごっこ)に集中してください。

そもそも「事業ごっこ」とは、将来の事業化に向けて、今行っている準備活動や収益行動を事業として捉えることだったはずです。
>> 事業のまねごと「事業ごっこ」開始のすすめ

この事業の中で総務仕事なんてものは、しょせんお金を生みませんから必要最低限にしておくのが一番です。
総務としてしなければいけない仕事は、備品調達だけではありません。
法務に庶務、建物管理と、他にもいっぱいあるんです。
人事は、・・・ひとりぼっちだからさすがにいりませんが。

総務仕事はできるだけ簡単に済ませて、事業(ごっこ)の方へ集中しましょう。

自分へのごほうびに備品を購入してはダメだけど、未来への投資は必要ですね!

それでも必要な投資(経費)は存在します。
たとえば見た目が華やかとは全く言えない私のブログ、もっと美しくするために有料テーマを使うとか、イラストレーターやフォトショップを使うとか・・・。

  • そんなもん買って使いこなせるのか?
  • フリーソフトで何とかならんのか?
  • 記事が貧弱なくせに見た目で誤魔化してどうする!

頭の中で、総務担当の罵声がこだまします。
そして今日も私は悲しく、手持ちのパワポとフリーソフトを使って、貧相なアイキャッチ画像を作るのでした。

それでも必要な(と思う)ものは、総務さんに購入をお願いしましょう!

働く環境を整え、モチベーションを上げるのも総務の仕事のはずです。
現場としては遠慮なく、欲しいものは欲しいと言いましょう。

  • 将来はちゃんと事務所を借りたいです!
  • 事務所には、ZITANG(三菱のオーブンレンジ)を置いてください!

>> ZITANGを事務所に置きたい。私が独立開業するまで作り続けて欲しい

総務さんからの回答が聞こえてきそうです。
「SoundLink は新しく買わずに、家にあるやつを持っていくんだぞ!」
>> 事務所に置きたいもの第二弾!ボーズのスピーカー SoundLink Mini II

はいはい。


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。